Skip to content

Categories:

AeroCOOL XPREDATOR White エディション

やってしまいました。価格COMで見て一目惚れして、ドスパラにて購入してしまいました。
Z9U3で組んでから2ヶ月ほどでしたが、この強烈ツートンにはかなわねぇ。何の機動戦士だこいつは!

Z9って何だか見た目が飽きるというか…
まぁー人間の欲は限りなしですよね。
「自分の部屋にフルタワーケースをドドンと置きてぇ!!」
というのが一番の理由です。ただ、まさかこんなデカイとは思わなんだ。

 

当初、BTOのミニタワーからZ9に変わった時も「でけぇ!!」と思いましたが
フルタワーはさすがに違います。と、言うかデカすぎて部屋に違和感ありまくりです。
でもいいんだ…でっかいは正義だ。

とりあえず昨夜11時から移行を初めて、終わったのが3時でした。とにかくデカいため、配線が大変で!
あと、重量がマジに重いので、腰を痛めてしまいました…
ただ組み上がった時の感動といったらそりゃもう。

内部は本当に広々です。ケーブルホールもたくさんあるので、何だかスッキリ出来ました。
ただ、Z9には多数あった、タイラップを止めるホールが3つしか付いていません!こんだけ余裕あるのに何故!!
お陰で裏配線はカオスの極みです。

標準でトップとフロントに200mmの大型ファンがついています。フロントのファンコンで1系統3個までファンを制御できるようです。
フロントは白色LEDですが、フロントは防塵のスポンジが入っているので、夜でもほんのり光ってるくらいですかね?トップはLEDがついてないのが
やや残念なところ。フロントの「XPREDATOR」の文字は綺麗に光ります。また、横の水色部分もHDDランプのようで、アクセス時は白色に点滅します。
パネルは木目調なのですが、完全に安っぽいシールです。ちょっとした衝撃で穴飽きそうです。つか開封時に若干浮いてるし。
一応サイズの風サーバーが付いてますが、温度表示のみでファンコンは繋がってません。というかつなげるファンがないです。

サイドパネルには4つファンを付けれますが、何か足元に風来るし、見た目も気に入らないので使っていません。
そうなると、ファンは大して付けれません。こんだけデカいのだから、シャドウベイとかにあっても良かったのに。
(Ver違いにはついてるようです)

天板はスライド式で「フェイスオープン!!」というノリで斜めに開閉します。
トップファンを最大にするとそこから結構な風量を感じます。何かここにLED仕込むとかっこいいかも。

全体的なクオリティは値段なりという感じでしょうか。
こまかーい部分がちょっと甘い気がします。まぁZ9とドッコイって感じですかね。

とにもかくにも、巨大。
大したスペックではないですが、見た目は完全にハイスペっぽい感じがします!w

 

 

Posted in 雑記.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.

*