Skip to content

Categories:

CSV Importerで配列形式のカスタムフィールドをよみこむ

WPで一番楽しい瞬間って

『やっべぇ…これ詰んだくさい…!!』となった時、必死に検索して解決策をアップしてくださっている記事に出会う瞬間ではないでしょうか…

 

てなわけで今回も助けられたのでご紹介。

 

WPで大量に記事を投稿しないといけない場合、CSV Importerというプラグインを使う事でCSVを使って記事を取り込むこが出来ます。
カスタムポスト、タクソノミー、カスタムフィールドにも対応していて大規模なサイトを作らなければいけない場合は非常に助かります。

ただcsv形式が、utf-8限定なのでExcel等で開いてしまうと文字コードの変換が非常に面倒くさいです。
shift-jisで読み込めるようにするTipsは下記記事を参考にしました。

http://erabikata.info/sjis-csv-wordpress.html

 

さて。今回もこのプラグインを使いサイト構築をしようと準備をしていた所
『あれ…これ配列形式のカスタムフィールドはどうやって取り込むんだ…??』
とチェックボックスの部分で詰まってしまいました。

DBの方には、シリアライズされた形で格納されていて、このシリアライズされた文字列をExcelのセルに打ち込めばしっかりとチェックボックスに値が入るのですが、今回は記事件数も多くしかも、入力するのは僕ではありません。さすがにこの形で入力作業を投げるのはキツいものがあります…

 

あーでもない、こーでもないとやっている内に英語版WPフォーラムにて、どうやら同じ事で詰まっている風のトピックスを発見。

http://wordpress.org/support/topic/plugin-csv-importer-setting-serialized-meta-to-not-be-reserialized-on-import

しかもGitに対応版のソースがアップされている!!!

 

この修正版ソースに、前述のshift-jisの処理を追加すれば…イケた!!
社内で一人『ぅおしっ!!』と奇声を上げていましたwいやーほんと助かりました…

 

チエックボックス形式のカスタムフィールドは多様するので、CSVImporterの方で正式に対応されればなぁっと。

Posted in web.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.

*