Skip to content

Categories:

自作PCその後

最終的にこんな感じになった自作PC。
あれだね。ハマるとやばいねコレ。金がドコドコ減ってきますマジで。
 
 
とりあえず構成と掛かった金額などこんなです。
何かいったい何の用途を目的としたかわからん感じですが…
CPU
 

Core i3 3220
11,000円


当初の予定がとりあえず自作やってみよーだったので。
でもQSVの動画エンコードの速さにビックリしました。

CPUクーラー
 

ZALMAN
CNPS10X Extreme
5,700円


とりあえず光るクーラー!ってことで、当初はENERMAXのものが欲しかったのですが、さすが田舎で売ってなかった…んで横にセール品であったこいつをチョイス。
デカイ。無駄にデカイ。ファンコンもついてて、外にリモコンを出して回転数の制御とか出来ます(しないけど
後、死ぬほど取り付けがめんどくさいです。いちいちマザボ外さないと行けないし
ズレるし重いしで。でもジェットエンジンのような見た目が素敵w

マザボ

ASUS
P8-H77-V
8,900円


実は、CPU+メモリ+マザボのセット買いをしていて、当初はGIGABYTEのB75だったのですが。初心者のウッカリでマザボをショートさせてしまいました。会社の先輩の
「慣れてきた頃の電源つけたままのウッカリが一番危険!」
と言われていたのに…

んで、急遽、こいつを買い足した訳で。価格でとりあえず鉄板的扱いだったので。
オーバークロックとかしない(出来ない)し、グラボも2枚とか使わんしで。
総合的にコレになりました。あと、グラボを足す予定だったので、Virtuが使えるのが良いかなっと。

GIGABYTEのものよりデザインがカッコイイ。

ケース ZALMAN
Z9 U3
6,500円


何か自作初心者ってこればっかじゃね?みたいのをネットでよく見ますが、自分もその口で。LEDファンが2つ付いてて、なおかつファンコン付き。フロントにUSB3.0装備。サイドはアクリルです。なんかこー自作を初めてやる人が憧れる要素が詰まって低価格っていうのが
人気の理由だと思うのです。勝手な偏見だけど、韓国の産業ってそゆービミョーなラインを付いてくるのがすごくうまいと思うのです。バイクとかも低価格で一見日本車のパクリじゃねーか!って感じなんだけど、惹かれるポイントに重点を持ってくる美味さというかですね。

でもU3の売りのUSB3.0なんですが、これはフロントパネルからながーいケーブルが伸びてるから、それを後ろのポートに刺してね!という残念仕様。とりあえず変換ケーブルでマザボに刺してます。

SSD SUMSUNG
840 ベーシック
8,900円


これもセール品なんだけど、最近SSDも値下がりしててちょい足しすればもっと信頼出来るブランドのものが手にはいる感じです。まぁーでも起動の速さとかは本当にやって良かったと思いました。耐久性はどうなんでしょ
HDD Western Digital 1TB


これはBTOパソコンからの流用です。

電源

玄人志向
KRPW-PT750W/80+
3,200円


グラボを付けたいと思っていたので、電源は変えるつもりだったのですが
750はオーバーでしょうか。つかハードオフで安くて綺麗だったから買ったしまったのですが
電源の中古って危ないかなー。怖いなー。
DVDドライブ LITEON
1,500円


当初組んだ時、いざドライブをつなげてOSインストールしようと思ったら
前のPCがIDEで繋げられず、急遽ハードオフでテキトーに買ってきたやつです。
新品でも2000円しないんじゃないかコレ
VGA MSI
N650GTX-Ti Cyclone II PE OC
13,900円


よくよく考えたら今回のパーツのなかで一番高い買い物。
でもコレも展示品セールでした。つか正直、ゲームとかしないからグラボなんか要らないんですが

とりあえず自作やんならつけてみたいじゃん!

っていうのが一番の理由で。でも680とか買うお金無いしで丁度中の下ぐらいの選択でコレに。あと、動画のエンコードでGEFORCEのCUDAがどれほどのものかを知りたくて。
とりあえず、i3のQSVより気持ち早いかなーぐらいで、こんだけ投資したのはほぼ無意味だった感はあるのですがね。

でもやはり見た目がサイコーですね!あぁ自作をしたんだな!とサイドのアクリルパネルを見るたびホッコリしますw静音モデルなので本当に音は気になりません。
まぁー最新じゃないゲームなら動くのではというのもあり、何かゲーム買ってみようかなぁ


実はグラボに珍しく、LEDがついてるのですが、周りが賑やかに光ってるのでまったく目立ちません。

装飾 サイズ
LEDイルミナシオン
1,900円


まったく無意味ですが、LEDテープ。16色といろいろなパターンをリモコンで操作出来ます。
一気にアホっぽさが増しますが、これも見てホッコリw

オウルテック
トップファン
1,200円


ケース上部にデフォルトでLEDファンがついていますが、一個だと寂しかったので…
ただ、同じブルーでもこいつのブルーはやや薄い!ビミョーに色が違いなんか情けないです。

合計

62,700円…

ううううううぅうぅぅうーーん…
BTOでI7が買える値段に…!!!!いやでもグラボがね。グラボがさ!
グラボ込で似たような構成だったらBTOよりちょい安いくらいで出来たよ!あとそのホッコリプライスレス!
うん。とりあえずとてつもなく阿呆なことをしたのは確かだな!

まぁーあれだ。一日の大半を向かいあう物ですからね。
とりあえずあすはhaswellの発売日だそうで。値段とかどーなるのでしょうか。

 

Posted in 雑記.


PC色々やったった

GW暇だったのでPCをがらっと弄ってみました。

やったことは

 

・ケース交換
・マザボ交換
・CPU交換
・SSD化
・DVDドライブ交換

 

もーそうとっかえですw残ったのは電源だけでした。

 

最近、会社の自作が得意な人の影響を受けまくりで、当初まずはSSD化をしたのですが

確かに起動などかなり早くなったのですが、どうも3~4年前に買ったPCにとっつけたのでどうもベンチマークなどが良くない。。

 

せっかくSSDにしたのだから、完璧な状態にしたい!!!

ここでやめときゃいいのにねー

 

んで、ちょうどGWがやってきたので、とりあえずマザボを変えよう!

ってことでPCデポに。

会社の人に

 

「ソケット形状とマザボサイズを確認すれば大丈夫ですよ!」

 

と聞いたので、その辺を下調べしてから行ったのですが、もーね正直色々あって分からんのです

(知らん人間から見たら全部同じに見える)

 

 

今のCPUがAthlon Ⅱx2というやつだからソケット形状はAM3で、AM3はAM3+と互換性があって…(うんにゃらかんにゃら

 

 

んで、適合するのがあったのですが価格が9000円ちょい。

これでいくかーとか思ったのですが、ふと横を見ると

 

マザボ・CPU・メモリセット

 

があるではないですか。こっちはCorei3付きで20000万ちょい。

 

 

んーーー…正直今のスペックに不満はないのだけれど…

んーーー…

 

んで迷うこと一時間で、結局セットを購入しました。GWマジックですね。

帰ってきて即作業してたのですが、やはりなんだかんだで苦戦する。

 

これは何だ?!このケーブルはここでいいのか?!何かあまったぞ?!

 

そんなこんなの連続でしたが、便利になったもんでスマホで調べながら何だかんだで組み終わりました。

 

 

んで緊張の電源投入。

 

ウィーーーーーン!とクーラーが回り出し、BIOS画面が出た時は

正直感動しましたw

 

 

最近のBIOSってすげーグラフィカルなんですね。

んで、OSインストールしようとしたら、DVDドライブの規格が合わず

ハードオフで中古買ってくるというのもありーので、何とか完成しました!

 

ベンチ結果も相当良くなり、ハイスペには程遠いですが、普段使いにはなかなかいい環境が作れたなぁとホッコリしていたんですが

 

どうせならケースも変えちゃわない…?!

またしてもGWマジックです。んで価格COMなどで見ていたら

 

ZALMAN Z9 U3 5980円!!

 

なるものを発見しました。

サイドがスケルトンで、LEDファンが3つ標準!ファンコン標準装備!価格に見合わぬ上質な作り!!

これでしょ。これしかないでしょ。

 

どうやら人気があるケースらしく、取り付け方法などを細かくレクチャーしてあるサイトもたくさん見つかったので、ビギナーズな自分にうってつけ。

 

翌日またまたPCデポに!

うーんデカい。規格が1個上がるとこんなにも巨大化するのか…

店舗には当然中スッカラカンの状態で展示してあったのですが、これに昨日のパーツどもを取り付け、LEDが怪しく光っているのを夢想し、即購入しました。

 

 

今回はケースのとっかえだけですからね。まぁーサクサクっとね(一日潰しました

 

電源ONで光りだすLED達。カーテン閉めたりしっちゃたりしてw

 

まぁーGWマジックでびっくりするほど散財してしまいましたが

 

Corei3のQVSという機能にビックリしました。内蔵グラフィックスを使い

対応したソフトで動画エンコードをすると高速になるとの事だったのですが

 

本気でびっくりしました。早っ!!みたいな。

 

一つ注意点として、このQSV機能とグラボは共存が難しいとの事

前環境で買ったグラボをとりあえずつけてみたのですが、それを付けると

グラボのGPUが優先されてしまい、Corei3のQVSが有効になりませんでした。

 

Virtuというソフトを使えばこのへんの共存が可能らしいのですが

このソフトのライセンス形態が特殊で、マザーボードにライセンスが付いているらしいです。(対応マザボを買うことがライセンスみたいな

 

どーやら今回買ったマザボは対応していないようで、ライセンスが通りませんでした。

 

 

んまぁでも、ゲームとかしないし、グラボ使ったエンコより、明らかに高速だったので

グラボは外しました。

 

 

とりあえず今回の総費用は

 

・マザボ、メモリ、CPUセット…22,000円

・ケース…5,980円

・DVDドライブ…2,000円(中古

・SSD…8,900円

・その他もろもろ小物…3,000円くらい

 

計…4,1880円なりー

 

 

 

んーーーーー改めて合計すると超愚行だった感がひしひしと…

んまぁでも、一日の大半を向き合ってるようなものですからね。

いいんですよ。これでいいんですよ!(血眼

 

Posted in 雑記.


WPの不正アクセスを考える

■WordPress File Monitor

WP内のファイルに何かしら変更があった場合に、メールでアラートを上げてくれるプラグイン
1時間毎~1日後で設定をし、ディレクトリ内を監視するようです。
 
試しに、適当なファイルをアップしたり、ソースをイジッてからアップするとしばらくしたあとに
メールで知らせてくれます。
 
これは便利。実際これを導入してから攻撃を受けていないのでなんとも言えませんが
これで改竄とかにあってもすぐ対応出来るのではないかと期待しています。
 
 
■Limit Login Attemptsでログイン制限
MTにはデフォルトで、期間中に何度もログイン失敗をするとロックする機能が付いているのですが
WPには付いていません。なので、総当り攻撃にはかなり弱いという事になります。
 
過去に攻撃を受けたサイトのログを見ると
ひたすらよく分からないIPから何千回もアクセスされ、そのうちに破られてしまいました。
その後、バックドアファイルをプラグインフォルダに設置されてしまい改竄されたという経験があります。
WPの管理画面はデフォルトだと簡単にアクセス出来てしまいます。
 
 
このプラグインでは、ログインにインターバルをもたせる事が出来ます。
 
・~回ログインに失敗したら~分同じIPからのログインをロック
・~回ロックしたら24時間同じIPからのアクセスを遮断
 
といった事が出来ます。
 
ロックしたIPのログ等も残りますので、その後の対策等にも有効かと思います。
 
 
■パスワードを12文字
半角大小英数記号を交えた12桁パスワードなら、現在の技術では総当りでは
30万年以上かかるようです。いろんな防衛方法がありますが、まずはコレですね。
 
■adminを使わない
これはもうどこでも言われていますね。
ただWPは最初のユーザーがデフォルトでこれになっています。
IDとパスワードの半分がもうわかっている状態なので、これは非常に危険です。
 
実際、上記のログイン履歴で見るとよく分からないIPはこの「admin」をユーザー名にし、パスワードに総当りをかけてきます。
 
上記の12桁パスとセットで変更することで、確率を下げられると思います。
 
 
■wp-adminディレクトリ、wp-login.phpにベーシック認証
上記のログイン制限にBasic認証を設置します。
ログインにアクセスする前にBasic認証が立ち上がり、2重ロックになります。
これをする前は、上記ログイン履歴で結構な頻度で、よく分からないIPが
リミットにてロックされていたのですが
 
これを導入することで、ロック自体もあまり見かけなくなりました。
.htaccessが設置出来るサーバーなら絶対に行いたい所です。
 
うちの過去の案件はGMOのInfinitoPLUSを使っていたのですが
ここはIIS6です。よってhtaccessによるベーシック認証は行えないのですが
htaccessiisというファイルでベーシック認証を設置する事が出来ます。
 
 
 
 
 
認証はディレクトリ単位だけで、ファイルで個別に掛けられません。
上記PDFにはファイル単位で掛けられるような記述があるのに!サポートにきいたら
対応していないとの事でした…じゃあ書くなよ!
 
なので、wp/内にあるwp-login.phpにだけ制限が掛けられず、不完全な物になってしまいます。
うーん…これに関してはもっと情報を仕入れないといけないなぁという感じです。
 
 
 
 
という感じで、WPセキュリティで、有用そうな物をまとめてみましたが…
これをやっとけば安心!!なんて事は無いのでしょうなぁ
 
 
プラグインもいくつか書きましたが、結局これもプラグイン自体が対応していない、もしくは
開発終了になってしまう可能性がある!というのも悩ましい部分です。
 
 
何かWPの事ばっか書いてるくせに、自分のブログは完全にその辺放置気味なのはあれですが。

Posted in web.


お名前VPS SSL+BASIC認証

おひさしぶりです。

なんかもー中途半端に忙しいです最近。

今月一番クリティカルだったのは

WPの改竄…!!

客に納品していたものが、改竄をされていました。
ヘッダーにiframeで外部に飛ばされるようになっていました。
(iframeサイズは1pxとかで見えないようになっていた)

ログを見る感じだと、管理画面に総当りアタックをされて、パスワードが割れてしまい
その後、バックドアのようなファイルを置かれてそこからうんにゃらかんにゃらという感じでした。

WPのセキュリティ管理が明らかに甘かったなと非常に反省しました。
過去に納品した案件もセキュリティの見直し等が発生し、今月忙しい感じになったというわけです
(しかも年度末だしね…)

その実際改竄があったサイトは、復旧しましたー!もう大丈夫ですヨー!とは行かず

客の以降でWPをMTで作りなおすはめに…
MT案件をほぼやった事が無かったので、すげー自信無かったのですが、以外にこれがスムージーに行きました。
まぁデザインやら、既存記事やら結構流用できたおかげですね。

MTとWPで比較なんかされますが、MTもけっこーいいところあるなぁと思いました。
(自由度はWPだと思いますが)

んで、作成したMT版のサイトもセキュリティを強化しなければいけないんですが。

WPであれば沢山Tipsやプラグインがあるので参考になるのですが。
(それが逆に迷うというのもありますが)

今回MTで行ったのは

・SSL管理画面
・管理画面のベーシック認証化

これは公式ブログの方で公開されていたTipsです。
(2011年のですが…)
http://www.slideshare.net/sakk/mtddc-tokyo-2011

上のスライドがとても分かりやすく、設定自体はすぐ出来ると思うのですが
サーバーのSSLの設定で手こずりました。

今回サーバーはお名前のVPSを使っているのですが、ここがまー使いづらくて
Root権限有りで色々設定出来るのですが、SSHで自ら設定しないといけないので…
ただのデザイナーコーダーには敷居が高いっす…

独自SSLを使用しているのですが、その辺の設定はさすがに他の方にお願いしました。

四苦八苦しながら設定したのですが、一番詰まったのが

SSLでベーシック認証がかからない

という事。

MTの管理画面には、ベーシック認証を施し、さらにhttpsでアクセスしなければアクセスを弾く
という事をしたかったのですが何故か、https時のみ、ベーシック認証がききません。

元々の設定ではSSL時と通常時のディレクトリがサーバー内で別れていたものを
SSHで

root/etc/httpd/conf.d/ssl.conf

を設定し、通常時と同じフォルダを見るように修正しました。

<VirtualHost _default_:443>
	~
	#ルート変更
	DocumentRoot "/var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs"
	~
</VirtualHost>

通常のアクセスであればbasic認証が動くのですが…

調べていくと、設置場所がhtaccessでの認証を許可されていないっぽい
というのがわかりました。
ディレクティブ(でいいですかね)で

AllowOverride AuthConfig

という記述をし許可しなければいけないという事のようです。
先ほどの設定部を下記に修正

<VirtualHost _default_:443>
	~
	#ルート変更
	DocumentRoot "/var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs"

	#htaccessを許可する
	<Directory /var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs/ディレクトリ名
		AllowOverride AuthConfig
		Order allow,deny
		Allow from all
	</Directory>

	~
</VirtualHost>

これでやっとこSSLでbasic認証が通りました!
SSLのディレクトリを変更した事で、許可を再指定しなければいけなかったという事ですかね(たぶん

色々いじれる反面、知識が無いと辛いですね。

Posted in web.


htl21買ったった

htl21を購入してしまいました。
IS03の残金も来るので来月あたりの請求がめちゃくちゃ怖いです‥

冬モデルの目玉だったせいか、鹿児島でも、電器店などは全滅気味でしたね。
単純に、出荷数が少ないというのもあるようですが。

あったらいいなーぐらいで入ったauショップで、偶然ゲット出来ました!本当は白が良かったんですが、発売が21日で、我慢が出来ませんでした。

 

んで、ファーストインプレですが。

正直、感動は無い。

という感じでしょうか‥?
点数をつけるならば100点満点です。
ただ、htcの最新ハイスペ機という事で、期待していたのは150点満点だったわけです。
何じゃそりゃという感じですが、EVO3Dから劇的な進化を期待していたので‥まぁEVOの時点で、かなり高水準だったという事だと思います。

5インチはやはりデカイですね!ただ横幅は抑えられているので、デカすぎる!という感じはありません。不思議と手に収まります(片手で画面端は厳しいですが)
evoが170グラムという超重量級だったので、この薄さと軽さでは若干高級感が薄れるしかなぁ‥

htcjになってから日本向けにデザインされ、様々な人に受け入れられやすいシンプルなデザインになっていますが、htc特有の、メカニカルなイメージが薄れてしまっていDるのは残念な点です。

レスポンスは、かなり高水準ではあるのですが、こんなもん??って印象です。触った感じだと、オプティマスGの方が素早い感じがあります。

evoと比べると、サクサク感というより、フワッとした感触ですかね。
この辺は好みではあると思いますが。

FHDでバッテリーが2020mAhというのが少し少ないのでは?という憶測が出ましたが
結果としては、普通レベルだと思います。ICS後のEVOより若干いいかな?という感じです。

関東で9日にゲットした人とかの報告で、下部のUSBポートカバーが取れやすい
という特徴があるらしいのですが…確かに防水パッキンが固く中々取りづらい&付け根がそれに対してよわっちい。
クレードルが発売される予定とあったのですが、公式サイトでいつのまにかリンクが消えてました(汗
あまりこのパーツを弄りたくないのでクレードル必須だと思うんですが。

とまぁ、何かマイナスな事ばかり書いてますが、基本が超優等生なのでw

やはり独自ホームのSenseがイイですね。
4+のウィジェットデザインカッコイイ。
これ目当てで変えたといっても過言ではないです。

デフォルトスキンも豊富です。
ただ、オワコン気味だったhtc Hub(スキンとかダウンロードできるサービス)がシレッと無くなってますねw

まぁ元々追加でどんどん新作スキンが出るとか無かったんであってないようなものでしたが。
このスキンがSenseの一番の持ち味だと思うんだけどなぁ。。。これを定期的に供給してくれたら手放せない存在になるのに。

色々書きましたが、冬モデルの中では一番オススメだと思います!
まだ出たばかりなのでアクセサリー類に選択肢が少ないのは難点ですが。

今だhtcと言うと「なにそれ日立?」とリアルに言われる事が多々ありますが、このhtl21で
世間の評価もかわればいいなーとか思います(すっかり信者になっている

余談ですが、EVOがSIM無しだったので、ガラケーサイトを作る時に自分のSIMを差し替えて確認する事が出来なくなってしまったのですが
これがヒジョーに面倒くさくて。うちの会社にauのガラケー環境が無い。なのでテストを客にお願いするしか無いのですが
それのせいで期間が延びたりするのがすげー面倒くさいです。

んで、htl21がマイクロSIMなので、アダプター噛ませばまた環境作れんじゃん!ってのも理由で
機種変したのですが、どーやらLTEのSIMだと使えないっぽぅ…(汗

そもそも、ガラケー+スマホ対応という大雑把な区切りで見積りされてるのが本当にアレで。
結局見もされないガラケーサイト対応のためにPC+スマホを構築しないと行けない労力だったり
不自由さとか理解してもらえないのがフラストレーションがたまります最近。
「いったいこれは誰の何のために作っているのだろうか…」的なねぇ…

Posted in 雑記.